×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

温泉まんじゅうの旅 > 老神温泉・磯部温泉

老神温泉(群馬) 対馬屋製菓

片品川の渓谷沿いに湧く老神温泉。尾瀬の玄関口であり近くには名勝「吹割の滝」もある。
老神温泉の温泉街にある「対馬屋製菓」。たぶん老神温泉で温泉まんじゅうを製造直売しているのはこの店だけだと思う。ここの温泉まんじゅうは「湯の花まんじゅう」という名で売られており、旅館などでも宿泊客に出されている。
温泉まんじゅうは平べったい形だ。皮の厚みはふつうで黒砂糖でしっかりと味付けされている。中のあんは「粒あん」。あんの甘さは控えめというより隠し味の塩が効いているので、ちょっと甘味が少ないかなという感じ。
原料
小麦粉、黒砂糖、白砂糖、水飴、玉子、小豆餡

価格

消費期限 製造日から6日

群馬県沼田市利根町老神602

地図を表示 Mapion

老神温泉の温泉ガイド
湯元華亭




磯部温泉(群馬) 明月堂

磯部温泉というと何と言っても磯部せんべいが有名である。この磯部せんべいは今でも原料として温泉水を利用しており、本物の温泉せんべいといえる。現在、磯部せんべいを製造しているお店は19軒もあるそうで、かんじんの温泉旅館より数が多い。
明月堂も磯部せんべいのお店で売り場の隣には実演コーナーがあり、磯部せんべいを焼く様子を見学できる。場所は温泉街の中心、足湯のそばなのでわかりやすい。
温泉まんじゅうの賞味期限は長くないが、2重包装に脱酸素剤入りとガードはなかなか厳重。まんじゅうの中のアンコが片寄っているのは機械ではなく手作りの証拠。
皮は厚めで少しパサパサした感じはあるが、しっかりと味が付いている。あんは「粒あん」で量は少なめ、他の温泉まんじゅうとは違う独特の甘みがあり。食べた後もほんのりと後を引く。
原料
小麦粉、砂糖、小豆、黒糖、カラメル、還元麦芽糖、重曹

消味期限
製造日から5日

価格 6ヶ 420円など

群馬県安中市磯部1−13−3

地図を表示 Mapion

磯辺温泉の温泉ガイド
恵みの湯